40代の言う効率化と20代後半の僕が考えている効率化の目的の違い

最近管理職に上がった40代M先輩から「効率化を重要視し、私生活確保のため早く帰る事」とありふれた言葉を言われる頻度が増えた。

この人は素晴らしい事を言う管理職じゃないか!と尊敬の眼差しを向ける若手社員もいるのだけれど、僕くらい斜に構えた人生を送っていると、「自分が残業代つかなくても高級取りになったから、会社の出費を減らす&自分が早く帰りたいために一般職の残業を無くそうとしているんじゃないの?」とか思ってしまうのだ。こっちは残業代をあてにしてるのに・・・

 

そもそも、安定した高い収益を維持し続ける会社であればM先輩の発言にも納得できるのであるが、残念なことに我が社は高い収益性も長期的に持続できそうな業務も見当たらない。

なので、業務の効率化を図るのであれば、効率化を行うことによって生まれた時間で新規事業についてミーティングなんかを熱く語るとかのほうがいいと僕は考えている。

 

それなのにくどいくらいに効率化を進め私生活の充実を語ってくるM先輩に、この人について行くのはやめようかなと思い始めている。

 

今日も今日とてワークライフバランスの研究会を立ち上げようと話を持ちかけられた。ワークライフバランスの魅力を知ってもらい、職員が早く帰るように手を打ちたいんだとか。

元々部活とか研究会とに所属するのが嫌いな僕は研究会の立ち上げを防止すべく立ち向かった。「ワークライフバランスの魅力を伝える事が業務の効率化に直結しているとは考えにくいですし、今社員が自身のワークライフバランスに不服を持っているかも疑わしいです。てゆーか私生活を充実させるだけの収入を増やすことも大切だとおもいますので、そちらをどうにかする会議とかしたほうがいいのでは?」と汗をかきながら言った。

 

そうするとM先輩は目をキョトンとさせながら、僕に優しく諭してきたのだ。「事業だったり収益の事は君が考える事ではなくマネジメント側の管轄だから余計な事はしなくていいんだよ。職員は自分の業務の効率化を図り、家族を大切にする事に意味があるんだよ。」と。

 

そうかもしれない一理ある。しかし駄目だ。これはどっちが良いとかの話ではなくて、お互い目指すところが違う故に意見の相違だとその時感じてしまった。

 

先輩は語った通り、経営については管理職を信じて(自身に任せてほしいと思っているのかも)いればよいと思っており、効率化の先は私生活の充実に収束している。一方の僕は若いうちから事業の経営的な感覚を知っておいたほうが良いと思っているし、効率化を進めるならば、もっと稼げるような組織になってほしいと思っている。

 

先輩は組織を信じており、今の体制でも会社が続くと考えている。僕はそうは思っていない。そもそも先輩と僕のゴール(残りの仕事年数)は違う。僕は40年近く働くが、先輩は20年を切っている。

同じ組織の仲間でもゴールが違う事によって考え方が異なり、効率化の目指す先のものも違ってくるのだ痛感した一日。

 

眞子さまの小室氏に対する気持ちはどうなのよ

いつまでも話題に事欠かない男、圭 小室。今日も今日とて留学先で記者に狙われているようです。それは彼がポップスターのように人気者だからではなく、金銭トラブルや過去の女性関係、先行き不明な不安定さと言ったネガティブな問題を抱えているからでしょう。

 

僕の目から見ても、何となくですが裏がありそうに見えます。

眞子さまが有名企業の御令嬢とかであれば、好きに恋愛して破滅すればいい、ともなるのですが、眞子さま自体が国税で生かされてきた皇族という点で、小室氏を見る国民の目はシビアのものとなっています。

 

なんとなくですが、天皇一族とかは「まっとうな人」であってほしいという願望があります。てゆか、清廉潔白なイメージを保ち続けるのが天皇一族の仕事です。ですので、眞子さまには、出来れば同じく「まっとうな人」と付き合って幸せになってほしいとも思っています。

ただ、小室氏は「胡散臭い人」っていうイメージが強いので、お二人が本気で愛し合ってご結婚したいのであれば、秋篠宮殿下や国民を納得させるだけの説明をする必要があるんじゃないかなと思っています。

眞子さまは我々の血税のおかげで好き勝手出来てるところもあるでしょうし、多くの国民が認めていない男と結婚する事に対しては、少なからずの説明責任はあると思いますよ。

 

この件では小室氏のトラブルばかりがクローズアップされているようですが、ここまでマスコミのおもちゃにされながらも眞子さまが関係を続ける理由ってなんなのでしょうか。小室氏に変な弱みを握られているんじゃないかと邪推してしまうのですが、そうじゃない場合の理由ってなんなのでしょうか。

眞子さまが、周囲の反対によって恋を燃え上がらせている、なんて中学生みたいな人でないと信じて色々ネットで調べて見たのですが、眞子さまのK.小室氏に対する感情としては以下のような事が推測されているようです。

 

http://agora-web.jp/archives/2037279.html(以下引用元)

眞子様は小室氏と同じ価値観を持っているので、小室氏の態度や行動をおかしいとは思っていない。

②事態が混乱していて、何が問題なのかという部分を十分に理解されるのに時間がかかっている。

③世間一般と同じような価値観を持たれているが、「好きになってしまった男性に問題がある」という事実を受け入れるのに時間がかかっている。

 

上手にまとめられてるなぁと思いました。

 

①だったら素直に嫌です。奉られてる側の人間に、社会通念が欠けてるとか、模範になるべき行動を取れないとかだったら、何のための地位だろうとか感じてしまう。

 

②の場合、愛しの小室氏の潔白が証明されるまで信じて待っている、という姿勢なのでしょう。国民を敵に回してる男でも自分だけは信じてあげたいという素晴らしくも厄介な感情をお持ちです。

 

③の場合は早めに事実を受け入れて次の恋を探しては?と思ってしまいます。地球上に男は何人いると思っているの?

 

 

皇室、宮内庁、マスコミと小室氏、眞子さまを囲む環境は複雑です。それゆえに思った事を口に出来ず誤解を招く事も多々あるかと思います。

そんな中でも二人が関係を続けてくというのは、二人ともそれなりに図太い神経をしているからなのかもしれませんね。

ただまぁそろそろ小室氏のネタにも飽きてきたので、さっさとケリをつけて欲しいです。

タレント磯野氏の離婚から人の心の移ろいの切なさを感じてしまう。

タレントの磯野貴理子さんが離婚を発表した。離婚の理由は旦那さんが「自分の子供が欲しい」と願ったことで、金銭的なトラブルや性格の不一致が原因となったわけではない。14年に磯野氏が脳梗塞を発症したときにはしっかりとご対応されており、夫婦としての人間関係は築けていたのだと思う。

一家庭の、二人きりの夫婦の決断に他人があれこれ言う事は野暮以外のなにものでもないが、この出来事は人の心の移ろいによる残酷性という、誰にでも起こりうる悲劇性を感じざるを得ない。

 

磯野夫妻の婚約時の年齢は貴理子氏が47~48歳、旦那さんは24歳ころで、お互いがそれなりの覚悟と考えを持っての結婚だったのではないかと思う。そしてその中の一つに子供のこともあっただろう。高齢に伴う出産にはリスクが伴うからだ。

世間様が、いまさら「自分の子供が欲しい」という旦那に対して、覚悟や考えが足りていなかったと言うのは仕方のない事だと思う。ただ、これが人間の心の移ろいなのだ。

 

本気の覚悟と考えで選択した結婚という決断も、年を重ねるごとに変わる価値観に押しつぶされてしまう。旦那さんは成長の段階で自分が大切にしたいものを見つけ、そしてもう一つの大切な人だった磯野氏と離れる選択をしたのだと思う。今回はたまたま両方を選べなかった。

一方の磯野氏は、どこかこうなる事を予測していたようにも感じられる。若い旦那が変化していく中で、いつか自分から離れていく可能性を感じていたはずだ。

二人の構図は、旦那の成長を見守る完成された嫁と、覚悟はあったが(のびしろのある)未熟だった旦那という結論に集約されるのではないか。

 

人の心は移ろう。自分に素直であるが故に大切なものと決別せざるをえない事がある。共に未熟な者同士であれば、二人三脚の中でさらなる価値観の乖離が生じる可能性もあるだろう。

ただ、世の中にはお互いの価値観を認めあい、いつまでも一緒にいる人たちもいる。できれば、自分はそうでありたいと思ったりする。

就業中の昼寝を辞められない友をどうすれば救えるのか

中途採用の僕と同時期に入った新卒のF君は真面目だ。日常会話は固すぎるほどの「です・ます」調だし、飲みの席では正座で背筋を正している。新卒ということで力の抜き方が分からないという事もあったのだろうが、ほかの新卒社員と比べてもよく言えば真面目なのだろう。

 

ささいな頼みごとをされようものならば一生懸命解決策を見つけ、若手という事で力仕事を任されれば汗だくで頑張っている。

個人的には彼みたいな人間がすごく好きなのだが、彼には就業中に寝る癖と、納期までに成果品を完成させないという、それなりに致命的な欠点がある。

昼間寝すぎて納期が間に合わないのか、納期のせいで残業し昼間寝ているのかは彼自身にも分かっていないようだが、中途の僕が改めて指導する事でもないだろうと思っていた。なぜなら、うちは仕事に関しては個人主義であるが故、自分のペースで仕事をしてくれれば良いと思っていたし、会社で寝るななどを20歳過ぎた男に指導したくないのだ。彼が僕の席の前で昼寝をコクリコクリと始めた時なんかはフフフっと笑ってしまうくらいなのだ。しかし、これがよくなかった。

 

僕はある日神妙な面持ちのボスから個室に呼び出された。1月という時期で内示が出たのかなと覚悟していたら大外れ。ズバリF君の態度についての指摘アンド、何故君が指導しないんだと真顔で言われてしまったのだ。会社員てのは不幸なことにこんな些細な事で評価が下げられ会社での居場所を失ってしまう。仕事の精度より飲みの付き合いが重要だったりと理不尽な評価が存在する。

その事を十分に知っている僕はその日から早速彼に対して指導を入れたのだ。この対応の早さが社会人には必要である。

僕が彼に言ったのは、大人なら誰でも知っている当たり前のことだ。仕事中に寝るとF君の評価が下がるだとか、信頼を無くして仕事を任せてもらえなくなるとか。その辺を一通り話したところで次は彼の悩みを聞いてあげるのだ。仕事に対して不安がある?会社の人に相談しにくいことがある?ご飯はしっかり食べれてる?と身の上話を聞いてあげた。

F君曰く、会社での仕事は楽しいし、業務でのストレスはないとの事。私生活にも大きな問題はない。ただ、彼はスケジューリングを組み立てるのが死にほど苦手ということが発覚した。

もともと入り込むと追求するタイプの彼は案件を5件以上抱えると、モードの切り替えが出来ず、しんどいんだとか。切り替えが出来ないから遅くまで残業し、昼間寝てしまうという悪循環が生まれてしまった。

ならば1つの仕事を集中して終われせれば良いのでは?という話だが、他の上司から仕事は同時並行で進めるようにというアドバイスを頑なに貫き、自分のやり方をできずにいた結果こうなったのだ。真面目すぎるのも悩みである。

優先すべきは教わったやり方ではなく、顧客への納期を間に合わせることであり、自分がベストを尽くせるようにする事とアドバイスを行った。さらに親切な僕は手帳やカレンダーを使った具体的な効率化の方法を伝授し、謎の満足感を持ってミーティングを終了した。

 

その後は喫煙者でもないが、いつもの喫煙所で5分ほど休み仕事へ戻った。

そしたら彼はもう寝ていた。多分、僕の話が面白くなかったんだろうな困った困った。次からはユーモアを交えて物事を伝えようと思った一年ほど前。

彼は今だに昼寝を辞めれず働いている。当然その事は幹部会でも広まっている。それでも彼は寝続け、納期を危うくしている。彼のようなタイプに組織として今後どう接するのかは見ものである。

 

 

 

30歳手前で彼ピッピを連呼するニート女が痛々しい

30 歳手前のニート女(以下Y)が恋人の事を「彼ピッピ」と惜しげも無く発信し、ライン上のタイムラインに二人の写真を晒しまくっているという状態に少なからずの違和感を覚えてしまっている。 

「彼ピッピ」という響きの何が気に入らにのか自問自答を繰り返す中で、答えが出た。それは、年相応の恋愛をしていないという事だ。30歳手前の女がキャピキャピとはしゃぐ姿を見るのは痛々しく感じる。

 

十代であれば恋に恋した乙女たちが彼氏との世界に溺れ、はしゃいでいるのだと優しい目で見る事ができる。しかし30歳手前で恋にはしゃぐのは痛々しいのだ。

30歳手前といえば、立派な大人である。「人から見られる自分」を自己評価できなければならない。Yはそれが出来ていない。彼氏の年収や職業を語り、さも自分の事のように自慢をしてくる。また、夜中に病んだ自分のために彼氏が夜遅くに会いに来てくれた事を嬉しそうに話す。自慢の彼氏さんなのだろう。私もそんな彼氏欲しいぃ(嘘)。ただ、それは彼氏の魅力であり、Y自身には魅力がないのだ。

 

ニート女が彼氏の能力を自分の能力のように語る姿を見ると、客観的には子供のように見える。僕の父ちゃんパイロットなんだすげぇダロウ的な。他人からそう思われてしまうという自己評価がYには出来ていない。

 

畳み掛けるようで性格の悪さが露呈しないか心配だが、Yはニートでありかつプライドが高い。一応、私と同じ大学であり、留年して卒業後23〜27歳までに二度就職している(今はニート)。キャリア的には微妙なのだ。

彼女の口癖は高校時代は県内トップクラスの成績だったという事で今だにその事を口にしている。高校卒業からの10年以上にそれ以上の自慢が無かったのが今日の彼女を形成してしまったのかもしれない。Yの能力と反比例して伸び続けるプライドを、彼氏で補うのに必死なのだろう。

仮にもし、Yが仕事もそれなりにこなしている女性であればこちらの見方も変わったはずだ。仕事も頑張ってるけど、恋愛だけは気持ちの若いままなのねウフフってな具合で、アイツバカだけと幸せそうで良かったじゃんとなるのだ。相談事の1つでも乗って差し上げたくなるのだが、残念なことにそういうモードになれない現実がここにある。

 

まず、一人の社会人として精神的にも経済的にも自立できるようになってから恋愛を楽しまれてはいかがでしょうか?という具合だ。

 

精神的にも経済的にも未熟な女性が彼ピッピと一緒にいることでそれらを補おうとするならば、Yは彼ピッピの何を補うのだろうか疑問である。

もしも彼ピッピが性欲という部分を愛と思い込みYと付き合っているならば、恐らく結婚しても離婚するだろう。歳を重ねれば見た目は衰える。人格や知識でそれらを補うのが大人であるが、高校時代から中身の変わらない彼女はこの先も変わる事が期待できないだろう。Yが歳をとり見た目が衰えた時、彼ピッピ、いや夫ピッピは果たしてYを必要とするのか、10年後が楽しみである。

 

ちなみに、彼ピッピて言葉は友達以上恋人未満て意味らしいですね。言葉の意味もわからず彼ピッピいうてるあたりもお馬鹿さんねぇ。